今回合格体験記を書いてくれた宮木さんは、中学1年生のときに入塾していただき、3年間かけて、一緒に入試に向けて準備を積み重ねてきました。
理解するスピードはマイペースなところもあるけれど、コツコツ努力ができるところが長所で、勉強に常に前向きな塾生でした。
中学3年生になるころには、英語は90点以上をとるなど、積み重ねた努力が結果に表れていたので、受験もいい結果が出るだろうと信じていましたが、一方で、本人はプレッシャーも感じていたようです。
というのも、第一志望の清峰高校は人気があり倍率も高く、本人にとって大きなチャレンジだったと思います。
それでも、3年間かけてコツコツ積み重ねてきたことが、実を結びました。
プレッシャーを努力ではねのけて、合格を勝ち取ったことは、大きな成功体験になることでしょう。
合格おめでとうございます!

<合格体験記>

合格校 清峰高校/聖和女子学院高校
お名前 宮木涼香さん

◆あなたの合格までの道のりを教えてください。

私が受けた高校は倍率が高かったので、頭の中で勉強せんばと思っても中々やる気がでず、入試まで”勉強しなければいけない”というプレッシャーに日々追い込まれていました。
私は理科・社会が苦手なので、特にこの2教科を勉強しました。
過去問を解く上で問題のパターンを理解しながら解き進めたりもしました。

◆帯屋進学塾で勉強した感想を教えてください。

塾に入る前は、中々点数が上がらなかったけど、入ってから英語がグンと上がり、90点とれるようになりました。
また、プロジェクターを使うことで、より分かりやすく理解することができました。
自分が苦手なところをeトレを使って復習することで、力がつき、わからないところを塾長の先生にわかりやすく教えていただいて、塾に行っていなかったら、たぶん第一志望校に受かっていないと思うので、塾に行って本当によかったと思います。

◆お世話になった人たちや、後輩たちへメッセージを送りましょう。

今まで受験で数多くの方々に支えられました。
ありがとうございました。
これから受験勉強をする受験生は後悔しないように、今のうちから勉強を始めて、苦手分野を克服していってください。